当日と違う衣裳を着用できる

着付けに時間がかかる和装は前撮りで!

憧れの白無垢や華やかな色打掛はぜひ袖を通したい花嫁衣装の一つですよね。しかし、和装は洋装と比較すると着付けに時間がかかります。また、ヘアスタイルやメイクも洋装とは異なりますから、当日のお色直しで着用しようとすると、それだけ中座の時間が長くなってしまうのです。その点前撮りならば、ゲストを待たせてしまうことがないので慌てずにじっくりと準備することができます。さらに、和装衣裳は繊細な刺繍や染めがしてあるものなので、写真でならより美しく見える方法で形に残すことができます。撮影をするうちに多少着崩れてしまってもすぐに手直しできますので、ちょっと弾けたポーズで写真を撮りたいという場合も前撮りなら安心して挑戦できますよ。

諦めきれないドレスで前撮りしよう!

ウエディングドレスにカラードレス、どれも可愛くて迷ってしまうという花嫁さんが多いと思いますが、当日にすべて着用するのは難しいですよね。衣裳選びで泣く泣く諦めた衣裳で撮影できるのも前撮りの魅力です。また、ミニドレスやミモレ丈ドレスなど、憧れるけれど当日のお色直しにはカジュアル過ぎるというような衣裳も前撮りで着用するのにぴったりです。前撮りなら、背景や小物にこだわることができるので、思いきりポップでカジュアルな雰囲気に仕上げても良いですし、反対にシンプルにコンパクトにまとめても写真のサイズを考えると寂しくなりすぎることもありません。自由に世界観を作り込めるので、お気に入りの衣裳が主役になるように工夫できるのが前撮りの良いところです。