結婚式テーマと合わせやすい

テーマに悩んでいる人ほど会場フォトを選ぶべし

近頃、SNSでテーマウエディングという言葉を目にする機会が増えました。好きなキャラクターをモチーフにする人や、お互いの趣味をテーマにする人など、新郎新婦の数だけテーマがあります。一生に一度の晴れ舞台、大切な人と大好きなものに囲まれた結婚式が理想ですよね。しかしテーマを決めるさいに、多くの花嫁が陥りやすいのがテーマのブレ。あれもこれもと欲張る内に、肝心のテーマから逸れてしまったというのはよく聞く話です。そこでオススメなのが、会場で前撮りをすること。インスタグラムなどでロケーションフォトが多くアップされている中、会場フォトがなぜオススメなのか?ズバリ会場フォトは、結婚式テーマを固めるのに一役買ってくれることが、大きなメリットなのです。

なんでロケーションフォトじゃダメなの?

もちろん、ロケーションフォトはとても魅力的です。明確に結婚式テーマが決まっていて、前撮りのイメージもテキパキ伝えられる花嫁であれば、むしろロケーションフォトの方が合っている場合も多いでしょう。ですがイメージが固まっていないのであれば、会場フォトを選ぶのがよいです。ロケーションフォトとの最大の違いは、カメラマンが外部のスタッフであるかないか。会場フォトを選べば、当然カメラマンは式場スタッフです。打ち合わせの中で担当プランナーに話した、ぼんやりした希望や憧れも共有してくれるので、あなたの理想に近い写真が残しやすくなります。また、前撮り撮影中にじっくり会場を見つめることができるため、結婚式テーマのイメージ作りにも役立つこと請け合いです。前撮りを会場かロケーションか、どちらで撮るか悩んでいる花嫁さんは会場フォトを選んで、賢く結婚準備をすすめましょう。